メニュー

大腸ポリープ

大腸ポリープとは、大腸粘膜から発生する腫瘍です。
40歳以降の男性に多くみられ、直腸やS状結腸に好発します。
大腸ポリープにはさまざまな種類がありますが、大部分(約80%)は腺腫性ポリープで、前がん病変と考えられています。
腺腫内に癌を合併することもあり、(腺腫内がんといいます)癌化率は大きさに依存します。
20mmになると約80%に癌を合併しているといわれています。
しかし、大腸ポリープは無症状であることがほとんどで、がん化す恐れのある腺腫性ポリープを早期に発見・治療するには、大腸内視鏡検査を受けることが重要となります。

原因

加齢に加え、肉などの動物性脂肪や糖分を多く取り、食物繊維をあまり取らない食生活の欧米化により大腸ポリープ(腺腫性ポリープ)や大腸がんが増加すると考えられています。
その他、飲酒や喫煙、肥満、遺伝的要因などが挙げられます。

症状

多くは無症状で、大腸内視鏡検査で発見される場合がほとんどです。
病変が大きくなると血便や腹痛、便通異常をきたすこともあります。

診断法

大腸ポリープを発見するためのスクリーニング検査、検診として、便潜血検査があります。
便に血液が混じっているか調べ、陽性の場合は、精密検査として大腸内視鏡検査を行います。
大腸内視鏡検査で大腸ポリープを発見した場合には、病変の組織を一部採取して病理組織(細胞)検査を施行し確定診断を行います。
治療が必要な腺腫性ポリープは、ほとんどの場合は検査と同時に切除治療を施行します。

治療法

がんを疑うポリープやがん化の可能性がある腺腫性ポリープは、大腸内視鏡で切除術を行います。
内視鏡では切除できない場合には手術によって切除します。
代表的な切除方法には以下の3種類があり、それぞれポリープの形や大きさによって使い分けられます。

内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)

ポリープの茎の部分にスネアと呼ばれる輪状の金属を引っかけて、電流を流しポリープを切り取ります。
小さいポリープに対しては、近年は電流を流さずに切り取る方法(コールドポリペクトミー)が主流になりつつあります。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

ポリープの下の粘膜下組織という部分に水や薬液を注入し、ポリープを持ち上げた後スネアを用いて切除します。
2cmまでの病変の切除が可能です。
当クリニックでは検査当日に切除する「日帰り内視鏡ポリープ摘出手術」を行っております。

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

比較的大きいポリープの場合は、ポリープの下の粘膜下組織に水や薬液を注入し、病変の周りの粘膜を切開して少しずつ剥離して切除します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME