メニュー

日帰り大腸ポリープ切除

当院では大腸ポリープを切除できる高度な医療環境が整備されています。また、すべての内視鏡検査は内視鏡専門医である院長が施行するため、検査中にポリープを認めた場合には、同日に日帰りでポリープを切除することが可能です。日帰り大腸ポリープ切除は、検査と治療を同日に行うために早期治療を可能にするだけでなく、患者さんの身体的・時間的・経済的な負担を軽減します。

大腸ポリープの切除方法

ポリープの大きさや形、病理組織の違いによって最も適切な切除方法を選択し、施行いたします。

ポリペクトミー ポリープにスネアという金属性の輪をかけて切除します。
EMR ポリープの粘膜の下に生理食塩水を注入し病変を持ち上げ、スネアをかけて切り取ります。
ESD 粘膜の下に薬液を注入し、電気メスで病変の周囲の粘膜を切開し、病変を少しずつ剥離して切除します。大きな病変のときなどに用いられます。

 

切除したポリープは回収して組織検査に提出し、良性・悪性の判断を行います。結果が判明するまでに約14日程度かかります。また切除後も定期的な大腸内視鏡検査が必要です。

大きい病変などで当院での切除が難しい場合、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)が必要と判断した場合には、入院も可能な高次医療機関に紹介します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME